十全看護専門学校 紹介

在学生の声

在学生の声1

「ふれあい看護体験」
5月12日は看護の日。その前後の看護週間の期間中に行われています。皆さんもぜひ参加してください。


在学生の声2

先輩からのメッセージ

 

[1年生]
女性

高齢者の方との交流や保育園で実習ができるので様々な価値観に触れることができ、英語コミュニケーションの授業があり、国際化にも対応していく力が養えると思ったからです。

 

[2年生]
女性・社会人

若いパワーに圧倒されつつも、ジェネレーションギャップには負けません!!!!

 

[3年生]
女性

防災訓練に力を入れており、いざ地震が来た時に私たちに何ができるのか、実際に消防署に連絡を入れたり、防災班を立てたりなど実際に近い形で防災訓練を行うことができます。

 

[2年生]
男性

休暇中の課題が多くて、ゆっくりとは休めませんが、計画性が身につきます。

 

[1年生]
女性

インターンシップや看護体験に何度か行きました。その時に感じたことは、先輩・看護師の方の対応がとても優しくわからないことを教えてくれ、印象がよかったので十全を選びました。

 

[2年生]
女性

小学生の時から看護師になりたくて進路を決めましたが、想像以上に大変で、驚きました。しかし、その分自分のためになり、仲間と過ごす学校生活はとてつもなく楽しいです。

 

[3年生]
男性・社会人

地域のボランティアに参加する機会が多くあり、地域の人と交流することができる、地域に密着した学校です。

 

[2年生]
女性

実習期間になると睡眠時間がなくなるが、とても貴重な経験ができ、勉強量が足りないことに気づかされます。

 

[1年生]
女性

隣接する十全総合病院での実習で、地域の医療を学ぶことができます。

 

[3年生]
女性

実習の時に悩んだりしても、十全総合病院は卒業生の先輩が多く、すぐに助言をもらうことができ、学びが多い実習になります。

 

[3年生]
女性

演習等大変で、課題も多く、くじけそうな時もあるが、グループ間での仲も深まり、演習等の経験が実習に活かされます。

 

[3年生]
女性・社会人

実際に国際看護を行っている、看護師の体験談を聞く機会があったり、看護観を深めることができます。

 

[2年生]
女性

家族が病気になって、病気や人の身体について、勉強したいと思い、看護師になることを決めました。