十全看護専門学校 概要

学校概要

学校長挨拶

学校長挨拶

学校長 松尾嘉禮

孔子の論語に次のような言葉があります。

『学んで思わざれば則ち罔(くら)し
思うて学ばざれば則ち殆(あやう)し』


本を読んだり人から教えてもらったりしても考えなければ身につきません。また、考えただけで学ぶ努力をしないと失敗します。看護は実践の科学です。
これからは在宅医療等、看護師の判断に委ねられる部門が増えてくる中、本校は十全総合病院のスタッフと学校の教員が一丸となって現場で考える看護を指導しています。これからの医療、看護を支えるべく知力・体力・気力のある人材を広く求めています。



沿革

昭和47年9月18日 十全高等看護学院(2年課程定時制)として発足(定員:1学年15名)
昭和53年4月1日 専修学校法制定にともない専修学校(専門課程看護科)となる。
財団法人積善会十全看護専門学校と校名変更。
昭和60年3月30日 2年課程廃止。
昭和60年4月1日 3年課程に変更(定員:1学年15名)
平成2年4月1日 定員を1学年30名に増員。
平成25年4月1日 公益法人制度改革に伴い、一般財団法人積善会十全看護専門学校と校名変更。
現在に至る。


教育理念

本校は、「誠」の精神に基づき設立されている。看護は、対象である人間を全人的にとらえ、専門的な知識に基づき生命力を最大限に引き出し、その人らしく生きていけるように援助することである。対象に対し誠実に向かい合い、対象の尊厳、権利を尊重する倫理観を基盤とし、豊かな人間性を養い、「生涯にわたって自己啓発に努め、看護学及び保健医療福祉の発展に貢献できる能力を培う。」
教育にあたっては、学生一人ひとりの個を尊重し、学ぶ喜びを学生と教員が相互に共有できるよう働きかけ、広く科学的視野に基づき、さまざまな状況に対応できる基礎的能力を養うことを目指している。

十全看護専門学校校歌銘板



教育目的

本校は、看護師に必要な知識と技術を習得し、誠実に人と向き合い、生涯学び続けることを通して保健医療福祉の向上に貢献できる看護師を育成することを目的とする。
教育目標
  • 1)看護者としての自己成長の基盤を養う。
  • 2)対象を総合的に理解するとともに、看護の基礎的知識、技術を活用できる能力を養う。
  • 3) 対象の尊厳・権利を尊重する倫理観を養う。
  • 4) 保健医療チームの一員としての役割を認識し、社会の要請に対応できる能力を養う。
教育目的



教育内容

教育内容

本校は学是である「誠」の精神に基づいて
教育内容を構築しています。

教育内容を詳しく確認する

教育内容を詳しく確認する



入学・卒業状況

【過去5年間の志願者数・合格者数・入学者数の推移】

志願者数(人) 合格者数(人) 入学者数(人)
2016 92 58 33
2017 65 48 30
2018 41 34 27
2019 39 39 28
2020 38 37 30

【過去5年間の卒業者数・国家試験合格率】 毎年、全国合格率を上回る合格率です。

卒業者数(人) 全国合格率(%) 本校合格率(%)
2016 34 89.4 100
2017 29 88.5 93.1
2018 29 91.0 100
2019 31 89.3 96.8
2020 30 89.2 96.7


卒業後の進路 希望施設への就職率100%!!

昨年は、市内の実習施設や地元の病院等、県内就職が96%。地域貢献を果たしてくれました。
今年も、全員希望どおりの就職を果たしました。
就職先について、詳しくは以下の通り。表中の 赤文字(人)は、今年の就職を示します。

【主な就職・進学先】 

就職 県内 市内 十全総合病院 (8)住友別子病院(6)愛媛県立新居浜病院(1)・愛媛労災病院・十全ユリノキ病院・新居浜恊立病院

東予 西条済生会病院(3)西条中央病院(1)今治済生会病院(2)・愛媛県立今治病院・西条市立周桑病院・四国中央病院(2)・HITO病院

中予 松山赤十字病院(1)・愛媛大学医学部付属病院・国立病院機構愛媛医療センター・愛媛県立中央病院・四国がんセンター・十全医療学院付属病院・済生会松山病院


国立病院機構四国おとなとこどもの医療センター・国立病院機構高松医療センター・三豊総合病院・国立病院機構東徳島医療センター・国立病院機構高知医療センター・国立病院機構大阪医療センター(2)・大阪労災病院・大阪医科大学付属病院・三菱病院・京都南病院(1)・淀川キリスト教病院・神戸労災病院・倉敷中央病院・東京都済生会中央病院(1)高島平 中央総合病院(1)・千葉中央メディカルセンター・武蔵野赤十字病院・深谷赤十字病院・大分県立病院・大分中村病院


愛媛大学医学部看護学科(1)・愛媛県立医療技術大学・福岡水巻看護助産学校助産学科・聖マリア学院大学・聖バルナバ助産師学院・大阪市立助産師学院・藍野大学短期大学部・日本赤十字広島看護大学・富山県立総合衛生学院助産学科

進学は、看護大学(3年次)への編入学や、保健師学校、助産師学校への進学があります。
また、看護師として3〜5年の臨床経験の後、臨床指導者や、看護教員として、教育に携わる道もあります。



【卒業生紹介】

私は4月に愛媛大学医学部付属病院に就職しました。
病棟で働く中で、十全で学んだことは自分のためになっていることを日々感じています。実習など苦しいこともあると思いますが、自分の糧になることを忘れず、体調に気を付けて頑張ってください。
場所は違っても、皆さんと看護師として働けることを楽しみにしています。



十全看護専門学校に在学中に、保健師の仕事を知り興味を持ちました。保健センターの実習で、健康を支える保健師の仕事を経験し目標となりました。
大学は自分で学ぶ姿勢が求められます。十全看護では、自ら気づき、考え、動く積極性を指導されました。それが今、大学生活で活かされています。
大学生活を楽しみながら、保健師への勉強を頑張りたいです。



高校生の頃から保健師に興味があり、とりあえず看護師をめざして十全看護専門学校に入学。
臨床実習などを重ねていくうちにやはり保健師になりたい思いが強くなり、先生に相談したところ「頑張りなさい!」と強く背中を押してくれました。編入試験も上位でないと無理と諦めかけましたが、先生の心強いサポートのおかげで頑張ることができました。
高齢化する一方、小さい子どもがいる若いお母さんも多くなっている故郷に帰って、お年寄りや子ども、お母さんに寄り添える保健師になりたいです。



地域医療と急性期医療の懸け橋になりたいという思いで当校に入学した丸田さん。
現在は愛媛大学医学部附属病院に勤務。消化器内科と神経内科の混合病棟を担当し、日々勉強の毎日を送っている。



和泉さんは助産師など新たな未来の可能性を発見できる当校の環境に魅力を感じ入学。
卒業後看護師として就職後、キャリアップできる助産師を目指して助産師学校に進学し、助産師としても活躍しています。



看護師として就職後、実習生の指導を経験した八塚さん。
現在は看護教員資格を取得して、十全看護専門学校で頼れる先生として看護師育成に従事しています。